小児・子供の病気〜アレルギー反応テストの種類


小児・子供の病気〜アレルギー反応テストの種類

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アレルギー反応テストの種類



アレルギー反応テストの種類



花粉症や食物アレルギー、金属アレルギーなど何が原因でアレルギーが起きるかわからないときにはアレルギー検査をする必要があります。
アレルギー検査には、「血液検査」「パッチテスト」「誘発テスト」があります。



血液検査
血液検査は採血してアレルギーを調べる方法で、「食物アレルギー」「動物アレルギー」「花粉アレルギー」「ダニアレルギー」など様々なアレルギーに対して一度に調べることができる便利な検査です。
しかし、食べ物に関するアレルギーはあまり精度が高いとはいえないようです。

また、人によっては花粉と動物アレルギーがあっても花粉だけしか反応が出ないということもありますので、検査結果はあくまでも目安として受け取るようにしましょう。



パッチテスト
パッチテストは、アレルギーの原因となる物質を直接皮膚につけて反応を調べる検査です。
例えば、果物のアレルギーを調べる場合は果汁をそのままテープで皮膚に貼りつけたり、金属アレルギーを調べる場合は、液体にした専用の試薬を使い皮膚に貼り付けます。

また、スクラッチテストといって皮膚に小さな傷をつけ、そこにアレルギーの原因となる「花粉」「食べ物」「金属」などをたらす方法もあります。

ただし、スクラッチテストにはデメリットがあり皮膚の赤みがなかなか治らなかったり、強いアレルギーある場合は、アナフィラキーショックという心停止や呼吸停止などのショック症状起こす危険性がありますので十分に注意してください。



誘発テスト(負荷テスト)
誘発テストは、食物アレルギーや薬物アレルギーを調べるのによく使われる方法で、アレルギーとなる物質を摂取して反応が出るか調べる方法です。

まず、アレルギーと疑われる食べ物や薬の100分の1程度の少量を摂取していきます。
徐々に摂取量を増やしていきアレルギー反応が出るかどうか観察していきます。
反応が出た時点で検査は終了します。

この誘発テストでほぼ確実にアレルギーがあるかどうか分かりますが、わざわざアレルギーを起こすので不快感があります。
また、ショック症状を起こす危険性がありますので十分に注意する必要があります。

もしショック症状が少しでも見られたら、すぐにアレルギーを抑える薬を投与し危険な状態にならない処置が行われます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア