小児・子供の病気〜アトピーと抗生物質


小児・子供の病気〜アトピーと抗生物質

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピーと抗生物質



アトピーと抗生物質



抗生物質がアトピーを増やす?
アトピーという病気がよく知られるようになり、子供のアトピーを心配する親はたくさんいます。
「もし、大人になっても治らなかったらどうしよう」とか、「アトピーを防ぐにはどうすればいいのか」と常にアトピーに対する心配事が絶えません。

現在アトピーについて解明されている部分は少ないのですが、最近では抗生物質がアトピーを増やすという報告がされました。



耐性菌を増やす
抗生物質を飲むことで腸内の善玉菌が殺菌されることが、アトピーの原因と考えれらています。
生まれたての赤ちゃんの腸内はほぼすべてが善玉菌になっていますが、抗生物質を飲むことで善玉菌が殺菌されアトピーの引き金になっているのではないかとされています。
特に生後2年以内に抗生物質を投与すると影響が大きいとされています。

風邪をひくと病院では抗生物質を処方されますが、風邪は抗生物質では治すことはできません。
逆に抗生物質が効かないのに飲み続けることで耐性菌を増やすことになります。

そのほかにも、保育園や幼稚園に通っている子供と通っていない子供を比べると、保育園や幼稚園に通っている子供の方がアトピーが少ないというデータや、農家など家畜を飼っている家庭ではアトピーが少ないというデータがあります。

これらのデータのように、子供の置かれた環境によってアトピーの発症に違いが出るのは、ある程度雑菌がある環境で育った子供の方がアレルギーを起こさないといえます。

生まれたばかりの赤ちゃんは何の免疫も持っていないので、正常な免疫システムを作るには多少雑菌の中で生活するする必要があるということがわかってきました。

そのほかに抗菌グッズや除菌グッズなども一般的になっており、免疫力を高める環境は少なくなっています。

しかし、雑菌に触れていないことだけがアトピーの原因ではありません。また、これらのデータには間違いであるという反証もあります。

あまり神経質になって抗菌グッズなどを使い清潔にし過ぎるよりも、多少汚れても平気だという程度の考えを持っていても大丈夫ではないでしょうか。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア