小児・子供の病気〜アレルギー皮膚炎のラスト(RAST)検査と好酸球


小児・子供の病気〜アレルギー皮膚炎のラスト(RAST)検査と好酸球

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アレルギー皮膚炎のラスト(RAST)検査と好酸球



アレルギー皮膚炎のラスト検査と好酸球



アレルギー皮膚炎のラスト(RAST)検査
アレルギー皮膚炎のラスト(RAST)検査とは血液検査の中の一つで、卵なら卵、ダニならダニとアレルゲンを特定していくための検査です。
つまり、どの物質に対してアレルギーがあるか調べるものです。

アレルゲンに対する過剰な反応は0〜6までの7段階になっており、2以上であればアレルゲンに対して過剰に反応しているといえます。

アレルゲンに対して過剰に反応する物質は年齢によって変わってくることが多く、小さいうちは食べ物に過剰に反応し、大きくなるとハウスダストなどに過剰に反応する傾向にあります。

しかし、このラスト検査で2以上の反応が出てもアトピー性皮膚炎と断言できたり、2以下だからアトピー性皮膚炎ではないとも言いきれないのも確かです。

あくまでもアトピー性皮膚炎の可能性があるという一つの目安として参考にしてください。



アトピー性皮膚炎と好酸球
好酸球とは、血液や鼻汁の中に存在する細胞で、鼻炎であれば鼻の粘膜、気管支喘息であれば気管支の粘膜のアレルギー反応が起こっている部位に多いことが知られています。

以前の好酸球は、アレルギー反応を終わらせる働きがある善玉として認識されていましたが、最近になってアレルギー反応を高めたり炎症をひどくする働きがあることがわかってきました。

つまり、アレルギー体質を判断する上で好酸球の数値が一つの目安になってきました。

実際に、アトピー性皮膚炎が悪化したり湿疹の症状が悪くなっている人は好酸球の数値が高くなっており、反対に好酸球の数値が低いと症状がよくなっていることがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア