小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎は小児科と皮膚科どっち?


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎は小児科と皮膚科どっち?

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎は小児科と皮膚科どっち?



アトピー性皮膚炎は小児科と皮膚科どっち?



子供がアトピー性皮膚炎になると、小児科で受診すればいいのか皮膚科で診てもらえばいいのかわからないことがあると思います。

ここでは、小児科と皮膚科の治療方針の違いについて紹介していきます。

まず、小児科と皮膚科で大きな違いは食事に関することと、ステロイド軟膏の使い方が異なっていることです。



アトピー性皮膚炎と食事の関係
小児科では、食事はアトピー性皮膚炎と関係していることがあると考えている医師が多く、大きくなるにつれて減少傾向にあるとしています。
一方皮膚科では、乳幼児も含めて食事はあまり関係ないと考えている医師が多いようです。



ステロイド軟膏の使い方
小児科では弱めのステロイド軟膏を処方する医師が多い傾向にあり、皮膚科ではしっかりとしたステロイド軟膏を処方する医師が多い傾向にあります。


抗アレルギー剤の使い方
小児科・皮膚科どちらの医師も抗アレルギー剤は使いますので違いはありません。


アレルギーマーチについて
小児科ではアレルギーマーチを考慮し治療を行う医師がおおく、皮膚科ではアレルギーマーチをあまり信用していません。


生活環境について
小児科・皮膚科どちらの医師も真剣に取り組んでいます。


このように小児科と皮膚科では、治療法や考えたが違うのでどちらがアトピー性皮膚炎の治療には優れているとはいえません。


アトピー性皮膚炎から気管支喘息に移行することをアレルギーマーチと小児科では呼んでいますが、乳幼児がアトピー性皮膚炎の場合は気管支炎喘息にかなりの確率で移行するようです。

そのため、小児科の医師はアトピー性皮膚炎から気管支喘息にならないように、全体の症状を見ながら治療をしています。

反対に皮膚科は軟膏については専門分野なので、最適な軟膏の使い方やスキンケアなどきめ細かい指導を受けることができます。

アトピー性皮膚炎はなかなか治らず、治療にも時間がかかるので悩みや相談など真剣に対応してくれる病院を選ぶことが大切です。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア