小児・子供の病気〜アレルギーは特異体質


小児・子供の病気〜アレルギーは特異体質

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アレルギーは特異体質



アレルギーは特異体質


肌が敏感だとアレルギー?
肌が弱いと感じたり敏感になっているとアレルギーと思う人も多く、実際に意味を知らずに使っている人がほとんどではないでしょうか。

誰でもよく知っているのは花粉によるアレルギーの花粉症です。
花粉の季節になると、花粉防止のマスクやメガネを付ける人が急に多くなります。しかし、反対に全く平気な人がいます。

つまり、アレルギーとは特定の物質に対して過敏に反応する特異体質といいうことです。

花粉は今も昔も特別なものではなく自然に存在するものなので決して悪いものではありません。

今まで無害であったものに対して、突然異常に反応してクシャミや鼻水、目のかゆみといった症状がでてくることがアレルギーになるのです。

そのほか食べ物に対しても異常な反応を起こす人もおり、卵にアレルギー反応を起こすことも今では珍しいことではありません。
中にはご飯に対してアレルギーを起こし、主食はパンという人もいます。

このように、多くの人にとっては平気なものが、その人にとっては過剰に反応してかゆみや蕁麻疹などを起こしてしまう「特異体質」なのです。



免疫システムの誤作動
なぜ、このように特定の物質に過敏に反応するかというと免疫システムの誤作動によるものです。

人には免疫という有害な物質や不要な物質と戦い、やっつけたり体外に排出しようとする働きが自然に備わっています。

例えば、風邪の原因となるウイルスを感知した体は、免疫システムによって抗体を作りウイルスを攻撃しウイルスの増殖を防ぎ排除しようとします。

アレルギーはこの免疫システムと同じような仕組みで起こります。

今まで花粉は無害と認識していたので抗体も作らず反応していませんでしたが、免疫システムの誤作動によって花粉は有害なものであると認識し、まったく無害のものを間違って攻撃しているのです。

このような免疫システムの誤作動によるアレルギーが増えており、特に子供が急激に増える傾向にあります。

原因として考えられているのは、食生活や環境の変化など様々な要因が関係していると考えられています。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア