小児・子供の病気〜アレルギーは生まれつき?


小児・子供の病気〜アレルギーは生まれつき?

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アレルギーは生まれつき?



アレルギーは生まれつき?



アレルギーは生まれつき?
アレルギーは体質的なものなので、多くの人が生まれつきアレルギー体質と思っているようです。

しかし、これまで無縁だった花粉症が、ある日突然鼻がムズムズしたり、目が痒くなったりとすることがあります。
また、湿疹が出たので病院で診てもらうと金属アレルギーと診断され、これまで一度もなかったことなのでびっくりすることもあります。

このようにアレルギーは、何が原因で発症するかわからないので、ある日突然、誰でもアレルギーになる可能性があります。



なぜアレルギーになるのか?
なぜ突然アレルギーになるのかは完全に解明されていないので、アレルギーから100%身を守る方法はありません。

花粉アレルギーであれば、花粉が多く飛んだ年に花粉症に初めてなる人も多くなるように、特定の物質を大量に浴びたり、長い時間接触しているとアレルギーを引き起こしやすくなる傾向にはあります。

例えば、カップラーメンばかり食べていた人が突然小麦アレルギーになったという例もあります。
小麦アレルギーになると、小麦すべてにアレルギーが出るのでカップラーメンだけではなく、パンやパスタも食べれなくなります。
これはカップラーメンばかり食べていたということに注目されますが、そのほかにも胃腸が弱かったりその他の要因も重なってアレルギーを起こしたといえます。

アレルギーを引き起こす原因として、カップラーメンなどの添加物の多い食品を食べることがあります。

花粉症を引き起こしやすい人は、鼻中隔彎曲など鼻のとおりの悪い人がなりやすいといわれ、食物アレルギーは消化不良を起こしやすい人に多く見られるようです。
つまり、体の弱い部分にアレルギーは出やすいといえます。



3歳くらいまでの食事
3才くらいまでは胃腸が弱く食物アレルギーになりやすくなっています。
そのため子供が食物アレルギーならないための予防策として、「毎日同じものを食べない」「同じものを一度にたくさん食べない」ことが大切になります。

そのほかにも、インスタント食品やソーセージ、ハム、加工肉などの添加物の多い食品や生の魚介類やパイナップルなど消化の悪い食べ物は与えないようにします。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア