小児・子供の病気〜アレルギー性体質の子供はアトピー性皮膚炎になる?


小児・子供の病気〜アレルギー性体質の子供はアトピー性皮膚炎になる?

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アレルギー性体質の子供はアトピー性皮膚炎になる?



アレルギー体質の子供はアトピー性皮膚炎になる?



アレルギ−体質
人間は体の中に異物が侵入すると、その異物に対して過剰に反応する人と反応しない人がいます。

過剰に反応する人の体に異物が侵入すると、IgE抗体という物質が作られアレルギー反応細胞と結合します。
するとアレルギー反応細胞は破壊され中から顆粒がでてきます。この顆粒がアレルギー反応を引き起こすのです。

アトピー性皮膚炎の多くの患者がIgE抗体を作りやすい体質(アトピー素因)になっています。
実際にアトピー性皮膚炎の患者の70〜80%はIgE抗体の値が高くなっています。また、アトピー性皮膚炎の症状が重い成人では、IgE抗体正常値の10〜100倍高くなっています。

しかし、すべてのアトピー性皮膚炎の患者がIgE抗体が高いというわけではありません。



アトピー性皮膚炎になる条件
アレルギー体質はIgE抗体を作りやすい人ですが、複雑な遺伝的要素が大きく関係しているといわれています。

両親がアレルギー性の病気の場合、その子供がアレルギーの病気になる確率は60〜70%という統計があります。
しかし、アレルギー体質であれば必ずアレルギー性の病気になるとは限りません。

アトピー性皮膚炎になる条件には、アレルギー体質であること、皮膚が敏感であること、引き金となる環境であることの3つがあります。



アレルギー体質はIgE抗体を作りやすいこと
肺が敏感であれば気管支喘息、鼻が敏感であればアレルギー性鼻炎というふうに肌が敏感なこと。
引き金となる環境は、ハウスダストや食物のアレルゲン、アクセサリー、衣類、睡眠不足、ストレスなどの日常生活の環境





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア