小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の治療法


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の治療法

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎の治療法



アトピー性皮膚炎の治療法


アトピー性皮膚炎の治療にいろいろな種類があります。
ここでは、アトピー性皮膚炎の治療法をいくつか紹介していきます。



細菌ワクチン療法
アトピー性皮膚炎が悪化する原因の一つに細菌があります。
例えば、風邪をひくとこれまで落ち着いていた湿疹がひどくなります。
細菌の中でも特に黄色ブドウ球菌は、アトピー性皮膚炎を悪化させる細菌といわれています。

細菌ワクチン療法は、このブドウ球菌を培養し注射することで細菌に対して強い体をつくるっていく治療法です。
この細菌ワクチン療法は、炎症を抑えたりかゆみを軽減させる効果が期待できます。

しかし、アトピー性皮膚炎と細菌があまり関係していない場合は効果がありません。また、細菌ワクチン治療はどこの病院でもやっているわけではないので、医師に相談してみましょう。



EPA(エイコサペタエン酸)療法
EPA(エイコサペタエン酸)は、頭の良くなるDHA(ドコサヘキサエン酸)で有名な不飽和脂肪酸になる前の物質で、最近の研究で炎症を抑える働きがあることがわかってきました。
EPA(エイコサペタエン酸)が多く含まれている食べ物にホンマグロの脂身や赤身、イワシ、サンマ、サバなどがあります。

反対に炎症を悪化させる物質に肉類に含まれるアラキドン酸があります。

日本人は魚をたくさん食べていましたが、肉中心の食生活に変化したことがアトピー性皮膚炎が増加したといわれています。
まずは魚中心の食生活にしてみましょう。



抗真菌剤療法(抗カビ療法)
最近の研究では、真菌の一つであるカンジダが腸内に増えることでアトピー性皮膚炎が悪化することが人がいることがわかりました。

まずは、砂糖やみりん、果物、アルコールはカンジダを増やす食物なので摂取量を制限していきます。また、ニンニクもカンジダの増殖を抑える効果がありますので、積極的に摂取していきます。
そして、カンジダに有効な抗真菌剤を服用し湿疹やかゆみを抑えていく治療です。

約2〜3週間で効果が現れ、約1〜6ヶ月程度効果が現れるまで抗真菌剤を服用していきます。
ただし、服用して4〜5日で便秘やお腹が張ったり、一時的に症状が悪化することがあります。



インタール軟膏療法
インタールはアレルギー反応を抑える働きがあり、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎、気管支喘息、食物アレルギーなどによく使われています。

どのような治療法かというと、軟膏にインタールを混ぜて塗る方法で、まずは軟膏を手に取りカプセルからインタールの粉を取り出し軟膏と混ぜ合わせます。
そして、患部によく塗り込んでいきます。

このインタール軟膏療法は、主に顔に赤みがある場合に効果的です。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア