小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の子供のお風呂の入り方


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の子供のお風呂の入り方

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎の子供のお風呂の入り方



アトピー性皮膚炎の子供のお風呂の入り方



アトピー性皮膚炎になると、つい「あれもダメ」「これもダメ」と言いたくなりますが、症状に合わせて日常生活を工夫していきましょう。

ここではお風呂の入り方につて気をつけることを紹介していきます。

アトピー性皮膚炎は汗や汚れに弱いため、症状が悪化することがありますのでお風呂に入って皮膚をきれいにすることがアトピー性皮膚炎を悪化させない一つの方法です。

しかし、お風呂に入ると体が温まってかゆみが増し赤くなることも少なくありません。これは一時的なことですが、かゆみが増さないように防ぐことができます。



熱いお風呂に入らない
熱いお風呂は体が温まり過ぎてかゆくなります。だからといってぬるいお風呂に入ると風邪を引いてしまいますので、お湯の温度は38〜39度くらいで3〜5分湯船につかるようにします。


体は手のひらや柔らかいタオルで洗う
皮膚に強い刺激を与えるとかゆみの原因となりますので、基本的に体は手で洗うようにします。しかし、手が荒れている場合などは柔らかいタオルで優しく洗います。
ナイロンタオルやボディーブラシは決して使わないようにしてください。
また、「きれいにしないといけない」と思って洗い過ぎるのもいけません。石鹸で軽く洗うだけで十分汚れは落ちます。



刺激の少ない石鹸を使う
薬用石鹸や香りの強い石鹸には、界面活性剤が含まれていますので症状が悪化することがありますので使わないようにします。
できるだけアトピー専用の石鹸を使うようにします。しかし、肌に合わないこともあるので注意してください。

皮膚に残った石鹸やシャンプーは皮膚に刺激を与えますので、必ずきれい洗い流すようにします。特に、石鹸の残りやすい髪の毛の生え際やわきの下、耳の裏側は気をつけてください。



入浴剤と温泉
入浴剤には、肌に優しいタイプや乾燥肌タイプなどがありますが、基本的に入浴剤は使わないようにします。

温泉の効能には、皮膚に良いというものがありますが、人によって大丈夫であったりかゆみが増したりとそれぞれなので、まずは医師に相談して大丈夫なのか確認します。



お風呂あがりは軟膏をつける
お風呂から上がったら皮膚の乾燥を防ぐために、病院から処方された軟膏をすぐに塗りましょう。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア