小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の判断基準


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の判断基準

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎の判断基準



アトピー性皮膚炎の判断基準


多くの方がアトピー性皮膚炎なのか、アレルギーなのか、ただのかぶれなのか判断つかないことがあると思います。

ここではアトピー性皮膚炎を判断する基準を簡単に紹介していきます。


@かゆみがあること
まず、アトピー性皮膚炎の大前提がかゆみがあることです。かゆみのないアトピー性皮膚炎はないと認識してください。

A典型的な湿疹が特定の場所にできる
乳児期は、頭や顔など体の上部にでき始め、体や手足に下がっていきます。
幼少時期は、首の周りや手足の屈折部にできやすくなります。
思春期から成人期は、顔や首、胸、背中など上半身に症状が現われます。


B症状が長く続く
乳幼児の場合は、湿疹が2ヶ月以上続いていること、それ以外は6ヶ月以上湿疹が続いていることです。


アレルギー反応T型・W型
アレルギー反応にはT〜W型の4つに分けることができ、アトピー性皮膚炎と関連性があるとされているのはT型(即時型)とW型(遅延型)といわれています。

小児科ではT型(即時型)を中心に、皮膚科ではW型(遅延型)を中心に考えている傾向にあります。


では、アレルギー反応のT型(即時型)とW型(遅延型)にはどんな違いがあるのか紹介していきます。

アレルギー反応の違い
T型(即時型)は、体の中に異物が入り込んだ後IgEという抗体が作り出されアレルギー反応細胞のと結合することでアレルギー反応を起こします。
W型(遅延型)は、体に侵入したアレルゲンに対してリンパ球が働きかけることで起こる炎症反応です。



アレルギー反応の物質
T型(即時型)はIgE抗体、W型(遅延型)はリンパ球


アレルギー反応が現れる時間
T型(即時型)は、15分程度で遅くとも1〜2時間以内には症状が出ます。
W型(遅延型)は、48〜72時間です。



アレルギーによる主な病気
T型(即時型)は、蕁麻疹や気管支炎、アレルギー性鼻炎、アナフィラキシーショック
W型(遅延型)は、化粧品かぶれやアクセサリーなどの金属が原因となる接触性皮膚炎


最近では、アトピー性皮膚炎はT型からW型への一連の反応によって引き起こされるという報告がされています。

例えば、アレルゲンが体内に侵入することでIgE抗体が作られT型のアレルギー反応が起きます。するとそのT型のアレルギー反応にリンパ球が働いてW型アレルギー反応が現れるというものです。

しかし、これらの報告は完全には解明されてはいません。
実際には、アレルギー性皮膚炎にはいくつかの反応が重なって起こっているのかもしれません。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア