小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の子供へのケア


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の子供へのケア

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎の子供へのケア



アトピー性皮膚炎の子供へのケア



アトピー性皮膚炎は、様々な要素が絡み合っていますので生活の中で注意することはたくさんありますので、ここでは基本的なアトピー性皮膚炎の子供へのケアについて紹介していきます。


入浴と保湿
入浴の際に使う石鹸は、無添加や自然派などの石鹸がよいと思いがちですが、メーカーが出しているアトピー専用の石鹸が一番刺激が少なくなっています。
夏は毎日石鹸で洗っても大丈夫ですが、乾燥する冬場は3日に1度石鹸を使うだけで十分です。

お風呂あがりは、アトピー専用のローションや尿素クリームを使いますが、肌があまり乾燥していなければ使わなくても大丈夫です。
また、冬場はワセリンやザーネ軟膏を使います。

かきむしっている部分には、保湿剤の上から重ねるようにステロイド軟膏を使います。



衣類
基本的に衣類は綿製を使います。また、布団について防ダニ布団がよいと思われていますがあまりこだわる必要はありません。
ただし、布団には必ず綿製のシーツやカバーをつけます。
シーツやカバーを洗濯する場合には、洗濯ノリや柔軟仕上げ剤などは使わないようにします。

それと、布団は週に1度は天日干しをします。よく勢いよく叩く人がいますが布団の表面を軽く払う程度で大丈夫です。



食べ物
アトピー性皮膚炎の子供への食事は、和食を中心に様々な食材を取れていきます。特に、有機野菜などは理想的な食材です。

控える食べ物は、動物性脂肪の多いものやインスタント食品や漬物、ハムなど添加物の多いものです。
また、同じものばかり食べていると食物アレルギーになる可能性があるので十分注意してください。



その他
体を動かすことはとても大切なので、できるだけ薄着で外で遊ぶようにしましょう。
よくプールはたくさん塩素を使っているのでアトピー性皮膚炎の子供には悪いと思っている親もたくさんいらっしゃいますが、プールが終わったらすぐにシャワーを浴びて保湿すれば大丈夫なのです。
また、プールはとても良い運動になり喘息の予防にも効果的です。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア