小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の子供の接し方


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の子供の接し方

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎の子供の接し方



アトピー性皮膚炎の子供の接し方



大人も我慢できないかゆみ
アトピー性皮膚炎の場合は、赤く腫れあがったり湿疹ができたり、特にかゆみというものはとても我慢できないものです。

大人でさえも、かいてはいけないと思っっていても無意識のうちにかいてしまうもで、人にとってかゆみとは一番我慢できない感覚と言われています。



アトピー性皮膚炎の対処法
よく子供に「かいちゃダメ」とか「ひどくなるから触っちゃダメ」と注意します。
親は一生懸命アトピー性皮膚炎を治そうと、良い病院を探したり、薬を毎日飲ませ塗り薬を塗るなど努力をしているので、つい言いたくなる気持ちもわかります。

しかし、子供に言ったからといって、かくのを止めるわけではありません。
反対に言われることがストレスとなってアトピーがひどくなることもあります。

一番つらいのはアトピー性皮膚炎になった子供なので、注意してばかりではなくかかずに済む方法を考えていきましょう。

たとえ、かいたとしても皮膚がひどく傷まないように、爪をこまめに切ったり専用の手袋など使ってひどくなるのをできるだけ防ぐようにします。

そのほかにも、乾燥するとかゆみが出てくることが多いので保湿したり、マッサージをしてリラックスさせるのもよい方法です。

かゆさが我慢できないときには、無理に我慢させずに皮膚が傷つかないようにかかせてあげましょう。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア