小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の飲み薬(抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤)


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の飲み薬(抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤)

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎の飲み薬



アトピー性皮膚炎の飲み薬



アトピー性皮膚炎の飲み薬(抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤)
アトピー性皮膚炎はかゆみがありとても辛いものです。
そんなかゆみを止める飲み薬には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤がよく処方されます。

どちらも似たような薬ですが、比較的新しいのは抗アレルギー剤で眠気など副作用が少ないとされています。

しかし、これらの飲み薬は蕁麻疹のかゆみなど一部の皮膚病には効果的ですが、アトピー性皮膚炎や湿疹などのかゆみにはあまり効果がありません。

頭痛や腹痛などの痛みと違い、飲み薬でアトピー性皮膚炎や湿疹が原因で起こるかゆみを止めることは難しいことなのです。

蕁麻疹の主な原因は、ヒスタミンという物質がかゆみを引き起こすので抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤が効果を発揮しますが、アトピー性皮膚炎や湿疹のかゆみの原因は、様々な物質が複雑に絡み合っているので効き目を期待できないのです。

実際に、かゆみがどのような仕組みで起きているのか医学的にすべて解明されているわけではありません。

病院に行くとほとんどの場合、決定的なかゆみ止めの飲み薬がないので、とりあえずという感じで抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を出されるの普通です。



飲み薬は様子をみる
かゆみ止めの飲み薬を処方されたら、まずは子供に飲ませてみてかゆみが治まるか観察してください。

症状が和らいでくればそのままの飲み続けて大丈夫ですが、効果がなくも医者に言われたから飲み続けるということがあります。
効果がないのに飲み続けてもかゆみが止まるわけではないので無意味なことをしていることになります。



かゆみを止める漢方薬
抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの西洋薬以外にも、かゆみを止める飲み薬があります。それは漢方薬です。
じんましんや花粉症などは抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤が有効で、アトピー性皮膚炎や湿疹のかゆみにはあまり効果がありませんが、漢方薬の「石膏」「黄連」などは様々な皮膚のかゆみを軽減させます。

ただし、子供の体質によって処方は違ってくることがありますので、漢方薬の専門医に相談してみましょう。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア