小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の塗り薬(ステロイド軟膏・非ステロイド軟膏・タクロリムス軟膏)


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の塗り薬(ステロイド軟膏・非ステロイド軟膏・タクロリムス軟膏)

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎の塗り薬



アトピー性皮膚炎の塗り薬



アトピー性皮膚炎の塗り薬
(ステロイド軟膏・非ステロイド軟膏・タクロリムス軟膏)

アトピー性皮膚炎の塗り薬には、かゆみに効果的とされるステロイド軟膏、副作用が少ないタクロリムス軟膏、ステロイドを使わない非ステロイド軟膏があります。

ここでは、これらアトピー性皮膚炎の塗り薬について紹介していきます。



ステロイド軟膏
病院でアトピー性皮膚炎の診察を受けると、必ずといっていいほどかゆみ止めにはステロイド軟膏が出されます。これは、アトピー性皮膚炎のかゆみにステロイド確実に効果を期待できるからです。

実は、ステロイド軟膏はかゆみを直接止めるのではなく、炎症を抑える効果があるので結果かゆみが治まるということなのです。

つまり、かゆみが起きたときにはすでに炎症を起こしているので、ステロイド軟膏を塗っても効果が薄かったり、効き目がないということになるのです。

ステロイド軟膏の正しい使い方は、かゆくなる前に塗る、または炎症が起きてかゆみのある部分に何日か続けて塗ることです。

また、ステロイド軟膏は効果がありますが、使いすぎは副作用を起こすこともありますので、かゆみが治まったきたら一旦使うのをやめます。



タクロリムス軟膏
タクロリムス軟膏はまだ新しい塗り薬ですが、ステロイド軟膏と同じように炎症をおさる効果があり皮膚が薄くなるということも少ないといわれています。
                                        ただし、ステロイドに比べると効き目が弱いので軽いアトピー性皮膚炎にしか効果は期待できません。
また、タクロリムスは免疫抑制剤なので皮膚表面に雑菌がつきやすくなり、ニキビやヘルペス、とびひなどを引き起こすことがあります。



非ステロイド軟膏
子供にはステロイド剤は使いたくないということもあり、非ステロイド剤を処方してもらうこともあります。
非ステロイド剤は、イブプロフェンやブフェキサマクなどの成分が使われており、アトピー性皮膚炎だけではなく汗疹やオムツかぶれなどにも使われます。

しかし、使い始めは良いのですがかぶれやすいというデメリットがあります。
最初は効果がるので問題にはならないのですが、使い続けていると赤くなったりジュクジュクしてきますので、かぶれとは気付かずにアトピー性皮膚炎が悪化したと思いさらに使い続けることで重症になることも少なくありません。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア