小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の集団生活


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎の集団生活

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎の集団生活



アトピー性皮膚炎の集団生活



いじめられないように早めの治療
アトピー性皮膚炎になっていると、幼稚園や保育園では大丈夫でも小学校に入ると、皮膚がかぶれたりいつも掻いているいるのでいじめの対象になることも少なくありません。

成長するほどアトピー性皮膚炎は治りにくいので、いじめの対象にならないように小さいうちから治療して症状を軽くすることが大切です。

基本的に集団生活では、皆と同じように生活することが大切ですが、場合によっては臨機応変に対応する必要があります。

例えば、ハウスダストなどが原因の場合は掃除をすると症状が悪化することがあるので原則しないことです。
しかし、周りの子供からはさぼっていると見られることもあるので、先生に病気であることを説明してもらいます。

また、子供も率先して症状が悪化しない机拭きや窓を拭きをすることで、子供同士の協力が生まれてきます。



食物アレルギーと給食
食べ物にアレルギーがあって、みんなと同じ給食が食べれないと子供には大きなストレスになります。
食べたいのに食べれずに残すことになるので、みんなから非難されるのではないかと精神的にもよくありません。

この場合も先生がみんなに説明してもらい理解してもらいます。

もし、給食が食べれない場合は弁当持参になります。お弁当を作るときには、子供の精神的不安軽くするために学校の献立表を見てできるだけ給食と同じようにします。



アトピー性皮膚炎と水泳
学校の体育では夏になると水泳が始まりますが、多くの子供が水泳の後にはアトピー性皮膚炎が悪化しています。

プールから上がったらシャワーで十分洗い流せばいいのですが、現実的には難しいので学校から帰ったらすぐにシャワーをします。
また、水泳の前にワセリンなどの油性軟膏を患部に塗って保護しておけば、症状の悪化を最小限に抑えることができます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア