小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎と予防接種


小児・子供の病気〜アトピー性皮膚炎と予防接種

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アトピー性皮膚炎と予防接種



アトピー性皮膚炎と予防接種


予防接種の副作用
アレルギーがある場合に予防接種をすると、熱や湿疹がが出るなど副作用を心配しているお母さんも多いのではないでしょうか。

アレルギーであってもなくても一般的に、予防接種の副作用が出る確率は皆同じなので、神経質になって心配する必要はありません。

予防接種は病気を予防するためのものなので、予防接種による副作作用の危険度と病気の危険度を比べると、断然病気にかかる方が危険なので予防接種は受けるようにしましょう。



予防接種後30分は待合室で待機
ワクチンに使われる成分にアレルギーがあるとアナフィラキシーショックを起こすことがあります。
例えば、卵が製造過程で使われたり、抗生剤やゼラチン、防腐剤などがワクチンに添加されています。

もしアレルギー反応が出る場合は、ワクチン接種後30分以内に起こるので必ず待合室で待機します。
アナフィラキシーショックを起こしても、手当てをきちんと行えば回復します。



ワクチンと卵アレルギー
予防接種の麻疹や風疹、おたふくかぜ、インフルエンザは製造過程で卵成分が使われることがあります。
たとえ卵アレルギーであっても、体調が良いときに予防接種すれば基本的問題ありません。

もし、ワクチンで副作用の経験があったり、どうしても心配な場合はワクチン液でパッチテストを受けましょう。

副作用を防ぐために、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を2〜3日前から服用して予防接種を受ける方法もあります。



ワクチンとゼラチン
アナフィラキシーショックの原因として、ワクチンの安定剤成分のゼラチンが関係しているといわれています。
ゼラチンを含んだグミキャンディーなどのお菓子を食べると、口の周りが腫れたり顔色が悪くなる場合はゼラチンアレルギーの可能性がありますので、血液検査やパッチテストで確認しておきましょう。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア