小児・子供の病気(肌トラブル)〜赤ちゃんの肌ケアと紙おむつ


小児・子供の病気(肌トラブル)〜赤ちゃんの肌ケアと紙おむつ

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>赤ちゃんの肌ケアと紙おむつ



赤ちゃんの肌ケアと紙おむつ



赤ちゃんは汚しの達人です。そのため、肌が赤くなったりかぶれたりとお母さんにとっては頭を悩ませることが多くなります。

食べこぼしやよだれであれば、濡らしたタオルやおしぼりで押さえるようにまめに拭いていきます。また、首などしわの部分は汗やよだれが溜まって赤くなることがありますので、しわを広げてきれいに拭きます。

このときも押さえるように拭き取り、強くこすらないように注意します。

こまめに拭き取っても口の周りが赤くなる場合は、舐めても大丈夫なのでワセリンを肌の保護のために塗っておくのも一つの方法です。



赤ちゃんの紙おむつ
最近の紙おむつは優れており、おしっこに関してはかぶれることが本当に少なくなってきました。
しかし、まだまだ紙おむつにかぶれてお尻が真っ赤になるケースも多くあります。

どうしてもお尻がかぶれて真っ赤になる場合は、まずはこまめに交換するようにしてください。
吸水性に優れ逆流もしにくいので、1回のおしっこで交換するのはもったいないと思い使い続けることもありますが、むれてかぶれることもありますのでケチらずにマメに交換します。

もし、まめに交換してもかぶれが治らない場合には紙おむつがあっていないことがありますので、紙おむつのメーカーを替えてみましょう。



うんちののときは洗う
ウンチの場合は、拭くだけではきれいに落ちないので強くこすることもあるので、必ずお湯で洗うようにします。お湯であれば肌も傷つけずお尻はきれいになります。

紙おむつをまめに交換したりメーカーを替えてもかぶれが治らないときには、カンジダ症になっている場合もありますので、皮膚科で受診しましょう。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア