小児・子供の病気(肌トラブル)〜汗対策


小児・子供の病気(肌トラブル)〜汗対策

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>汗対策



小児・子供の汗対策



夏になると皮膚科を受診する子どもは冬の3倍にもなるそうです。
つまり、夏にかく汗が皮膚にトラブルを起こす大きな原因になっています。

汗の中には塩分やアンモニアが含まれていますので、蒸発することで肌に塩分やアンモニアが残って汗もや湿疹の原因になるのです。
そのため、汗が出たら柔らかいハンカチやガーゼでこまめに拭いてあげることが大切になります。



ウエットティッシュは使わない
汗だけではありませんが、汚れたときなどウエットティッシュがよく使われていますが、かぶれのもとになるので注意してください。

ウエットティッシュは湿らせてあるのでカビが発生しやすくなっています。そのため、カビを防ぐために防腐剤や防カビ剤が使われ、さらに拭き取った後にサラッとするようにアルコールも使われています。

また、ティッシュ自体が肌にはあまり優しくないので、これらの成分が刺激となってかぶれることになるのです。
お尻拭き専用シートでも同じことがいえます。

では何を使うかというと、できる限り綿素材のハンカチやガーゼ、タオル、コットンなどを使います。
汚れが落ちにくときには湿らせて使い、その時の状況に応じて適切に使います。

外出時には、防腐剤やアルコールを含まないコットンを1枚ずつパックにした清浄綿がおすすめです。



汗をよくかく子供
汗をよくかく子供は汗もになりやすいので1日2回お風呂に入れたほうがいいという話を聞きますが、それも一つの方法ではあります。
ただし、石鹸を使うのは1日1回にして、後はシャワーで流す程度で十分です。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア