小児・子供の病気(肌トラブル)〜冬の乾燥対策


小児・子供の病気(肌トラブル)〜冬の乾燥対策

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>冬の乾燥対策



小児・子供の冬の乾燥対策



冬場は乾燥するので子供の肌のケアで悩まれる方も多いようです。

では、冬の乾燥対策はどのようにすればいいのか、冬場のお風呂の入り方について紹介していきます。



お風呂の注意点
子供は肌の新陳代謝が盛んで、大人よりも水分を保持する力に優れているのでお風呂では石鹸で軽く洗うだけで十分です。
お風呂あがりも特別何も塗る必要はありません。

スキンケアの基本は、何もつけない方が肌にとっては良いのです。

しかし、子供の中には乾燥してかゆくなったり粉をふくこともあります。
このような子供には、まず洗い方が石鹸を多く使っていないか、強くこすって洗っていないか洗い方の見直しをしていきます。
石鹸を多く使ったり強くこすっていては当然乾燥してきます。

最近では、石鹸よりも液体ボディーソープが主流になっていますので、できるだけ固形の石鹸を使うようにします。



使いすぎに注意
液体ボディーソープは、ほとんどがポンプ式になっていますので知らず知らずに多量に使っています。
実際に、固形石鹸と比べると洗浄成分を20倍以上も使っているというデータがあります。それだけ肌に負担をかけているので乾燥して当たり前です。

固形石鹸も特別なものではなく、普通の固形石鹸で十分なので軽く泡立ててなぜる感じ洗うだけで大丈夫です。

冬であれば毎日石鹸で洗う必要はなく3日に1度で十分です。



お風呂上がりの保湿
洗い方を見直しても乾燥する場合は、お風呂あがりに保湿クリームを使い肌に潤いを与えます。
ただし、植物性エキス配合のクリームなどはかぶれることもありますので、シンプルなワセリンやザーネ軟膏がおすすめです。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア