小児・子供の病気(肌トラブル)〜小児・子供の肌


小児・子供の病気(肌トラブル)〜小児・子供の肌

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>小児・子供の肌



小児・子供の肌



小児・子供の肌は弱い
子供の肌は薄くて弱いものです。特に赤ちゃんの肌は、大人に比べると2分の1から3分の1と、とても薄くなっていますので紙おむつが擦れるだけでも赤くなったりします。

これは真皮のコラーゲンが未発達なためで、爪が薄くて柔らかいのと同じことです。
成長とともに真皮のコラーゲンも発達し、皮膚が少しずつ強くなっていき16歳くらいで肌はピークを迎え、その後はコラーゲンの成長は止まり老化が始まっていきます。



子供の肌は水分量が多い
赤ちゃんの肌は、透明感があって透きとおるように見えるのは肌の水分量が多いためで、大人の肌の水分量と比べると大人は真皮の水分量が約65%で、赤ちゃんの真皮には約80%の水分量があります。
このように肌の水分量が多いのも子供の肌の特徴です。

肌の水分量が多いので、虫さされなど少しのことでも水泡ができやすくなっています。また、汗もやとびひでも水泡がたくさんできます。

赤ちゃんの肌は少しの刺激でも傷つきやすいのですが、新陳代謝が一番盛んな時期なので治りも早くなっています。
また、虫さされなども治りが早く跡も残りません。

赤ちゃんのうちは、皮膚感覚が鈍いので1歳くらいまではかゆくてかくことは少ないようですが、2歳になってくるとかゆみを我慢できずにかきむしることも多くなってきますので、治りが遅くなることもあります。



小児・子供の皮脂
皮脂は思春期から増え始めるので、12〜13歳くらいまでは皮脂は大人よりも随分少なくなっています。
そのため、頭を2〜3日洗わなくても髪はべたつくことはありません。

しかし、反対に汗はかきやすく大人に比べて倍以上汗をかきます。
そのため、夏になると汗をたくさんかくので汗もや湿疹ができやすくなるのです。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア