小児・子供の病気(肌トラブル)〜室内の乾燥対策と衣類


小児・子供の病気(肌トラブル)〜室内の乾燥対策と衣類

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>室内の乾燥対策と衣類



室内の乾燥対策と衣類



室内の乾燥対策
現代の環境は昔と違い、緑や土の地面が減っているので年々乾燥してきているといわれています。
また、家も自然の木材などではなく化学建材ばかり使われるようになっています。

このような住環境で1年中エアコンを使うので、大人も子供も乾燥肌になる人が増加し続けています。
特に冬場は乾燥しやすいので、室内に濡れたタオルを干して湿度を補ったり加湿器を使い室内を乾燥から防ぐようにします。



衣類の乾燥対策
室内の環境以外にも衣類によって肌が乾燥してきます。
化学繊維の衣類は、水分をほとんど含まないので肌から水分を奪うのです。そのため直接肌に触れる衣類は綿素材のものを選びます。

衣類にはフリルや縫い目、タグなどが肌に刺激を与えるので、できるだけシンプルな衣類を選びます。また、下着であれば縫い目の凸凹を避けるために裏返しで着せ手も大丈夫です。

シルクは柔らかく肌にも優しいと思いがちですが、綿に比べると水分含有量が少なく動物性素材のためアレルギーを起こすこともあります。

そのため綿素材がアレルギーを起こしにくく、肌にも優しい素材になります。



布団の乾燥対策
布団の場合は、綿素材にはダニがつきやすいのでポリエステルなどの化学繊維の方がいいともいわれています。
シーツやカバーは綿素材のものを使いますが、洗濯ノリを使うと皮膚を刺激したりダニのエサにもなるので使わないようにします。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア