小児・子供の病気(肌トラブル)〜UV(紫外線)対策


小児・子供の病気(肌トラブル)〜UV(紫外線)対策

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>UV対策



小児・子供のUV(紫外線)対策



子供にUV(紫外線)対策は必要?
最近では子供用の日焼け止め製品がいろいろ販売されています。
そのためか、子供にも日焼け止めを塗った方がいいのか気になるお母さんも大勢います。

皮膚科の医師の間では「紫外線は肌にとって百害あって一利なし」というのが常識になっているようです。
その理由として、紫外線の影響が肌の奥に蓄積され大人になるとシミやシワなど肌の老化の原因や、皮膚ガンを引き起こす原因になるとされているからです。

このようなことがあるので、子供でも紫外線を浴びないにこしたことはありません。

しかし、だからといって大人のように外出する度に日焼け止めを塗るのには疑問があります。
日焼け止めには、紫外線を反射する紫外線錯乱剤や紫外線を吸収する紫外線吸収剤が含まれているので、肌に少なからず負担をかけています。



UV(紫外線)対策をする場合
日焼け止めを使う場合は、レジャーなど長時間外出する時だけ使うようにします。また、プールや海で遊ぶ場合は耐水性の日焼け止めを使い、それ以外は水性の日焼け止めを使うようにします。

耐水性の日焼け止めは、普通の石鹸で洗っても落ちないのでクレンジング剤を使わなくてはいけません。クレンジング剤は肌を乾燥させ負担をかけるためです。



子供肌は紫外線に強い
子どもは夏に真黒になっても、しばらくすると元の白い肌に戻ります。
これは、紫外線によって発生した活性酸素を除去する抗酸化能力が大人に比べ優れているためです。

そのため、大人ほど神経質になって子供に紫外線対策をする必要はありません。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア