小児・子供の病気(肌トラブル)〜じんましん(蕁麻疹)対処法


小児・子供の病気(肌トラブル)〜じんましん(蕁麻疹)対処法

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>じんましん対処法



じんましん(蕁麻疹)対処法



じんましん(蕁麻疹)の症状
じんましんの症状は、虫刺されのように赤く膨れたり、発疹が現われてかゆみを伴い地図のような模様ができたて体全体に移動するか2〜3時間で消えるものです。

じんましんには急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹があります。
急性蕁麻疹は、食べ物にあたったり薬が体に合わないときなどに症状が出て1〜2日で治まります。

食べ物では青魚のサバやサンマなどがなりやすく、エビやカニなどもじんましんになりやすい食べ物です。ナスやトマトなどの野菜もたくさん食べるとじんましんが出ることがあります。
これらの食品にはじんましんを起こしやすい成分が含まれているためです。

もし、同じ食べ物でじんましんを起こす場合は食物アレルギーの可能性があるので皮膚科で診察を受けましょう。

慢性蕁麻疹は、急性蕁麻疹と比べると症状はひどくありませんが、季節の変わり目に出やすい傾向にあり毎日症状が出ることもあります。

以前は大人に多くいましたが、最近では子供でも慢性蕁麻疹になるケースが増えてきています。



じんましん(蕁麻疹)の治療
じんましんの対処法は、体を動かすと症状が悪化することがあるので、なるべく安静にして患部を冷やします。
また、市販のかゆみ止めなどを塗るのも一つの方法です。

お風呂に入るのは問題ありませんが、体を温めると悪化することもあるので温めすぎないように注意します。

よく体全体や顔にじんましんができて救急病院に行くことがあると思いますが、元気であれば4〜5時間くらいで治まることがありますので慌てないことが大切です。
もし、のどや舌に発疹ができて腫れて呼吸困難になるような状況であれば、一刻を争うので急いで受診します。

じんましんの治療には、抗アレルギー剤やステロイド剤が使われます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア