小児・子供の病気(肌トラブル)〜虫さされ対処法


小児・子供の病気(肌トラブル)〜虫さされ対処法

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>虫さされ対処法



虫さされ対処法



虫にさされてもかかない
虫に刺されたら絶対にかかないということが大切になります。虫に刺されてもかかなければ放っておいても普通に治ってきます。

かいてしまうと傷つきそこからバイ菌が入り悪化したり、とびひになることもあります。
また、かき続けることで治りも悪くなり、痒疹という皮膚がしこりのように硬くなってしまいます。

3〜4歳くらいまでなら痒疹になることはあまりありませんが、5歳くらいで痒疹になると治るまでに数年かかることも珍しくありません。



虫さされの治療
虫刺されの場合は、病院で出される薬でなくても市販の薬でも十分に対応できますので、塗りやすい液状の薬がいいでしょう。

かゆみが出てからでは遅いので虫に刺されたらすぐに薬を塗り、2〜3時間おきに塗っていきます。

特にスネの部分は痒疹になりやすいので早め早めに薬を塗るように注意してください。
バンドエイドを使うと蒸れて菌が増殖することになるので使わないようにします。

また、わざわざ消毒液を使う必要はなく石鹸を使ってシャワーで軽く洗うだけで十分除菌できます。

虫に刺された部分が治らない場合には皮膚科で診察を受けます。ほとんどの皮膚科でステロイド薬が処方されます。

赤ちゃんが虫に刺された場合は、虫の毒に対して抵抗が弱いので大きな水泡ができることがあります。
もし、大きな水疱ができたときには水泡を針でつついて水を出し、ワセリンを塗ってガーゼで保護します。



虫よけスプレーの安全性
虫よけスプレーは肌に悪いのではと心配することもありますが、虫よけスプレーでかぶれたり皮膚炎になることはほとんどないようです。

反対に、虫刺されによるかぶれや皮膚炎になることが多いので、虫がたくさんいそうな公園などに行くときは虫よけスプレーを使う方がいいといえます。

虫よけスプレーを使う場合は、香料やメントール成分の入っていないノンガス仕様の虫よけスプレーを使うようにします。
また、2〜3時間おきスプレーします。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア