小児・子供の病気(肌トラブル)〜とびひ対処法


小児・子供の病気(肌トラブル)〜とびひ対処法

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>とびひ対処法



とびひ対処法



とびひの原因
とびひとは、赤ちゃんから10歳くらいの子供によく見られる病気で、虫さされなどをかきむしって傷つきそこからバイ菌が入り炎症を起こす感染力の強い病気です。

症状は皮膚に水泡ができますが、その水疱が破れることで菌が他の肌に移てまた水疱ができます。そのため、次から次と飛び火のように皮膚に移っていくのでとびひと呼ばれています。

とびひの原因となる菌は、爪と皮膚の間に住みついているブドウ球菌やレンサ球菌などの常在菌です。
子供はこの常在菌に対する抗体がないので、爪で肌をかくことで常在菌のブドウ球菌やレンサ球菌が皮膚に入り込みとびひになるのです。

もしとびひの疑いがある場合は、すぐに皮膚科で診察を受けましょう。ゆっくり構えているとすぐに全身に広がり、水疱だらけになって治療が大変になります。
また、水疱が破れるとちょっと触れるだけでも痛くなります。



とびひの治療
治療は、抗生物質などの軟膏を水泡の部分に塗りガーゼを当て包帯をします。
このときバンドエイドを使うと、蒸れて他の部分に移って広がりますので注意してください。
また、とびひの症状がひどい場合には、抗生物質の飲み薬を服用することもあります。

兄弟がいる場合は、一緒にお風呂に入ると移るのでシャワーで済ますようにします。

アトピー性皮膚炎の子供は、皮膚の免疫能力が弱いのでとびひになりやすいので注意してください。



とびひの予防
とびひの予防としては、爪は伸ばさずこまめに切るように心がけ、爪の間の汚れをブラシなどできれいに洗います。
また、虫刺されなど早めに治すように心がけてください。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア