小児・子供の病気(肌トラブル)〜漢方薬の副作用


小児・子供の病気(肌トラブル)〜漢方薬の副作用

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>漢方薬の副作用



漢方薬の副作用



漢方薬でも副作用はある
漢方薬は西洋薬に比べ副作用が少ないと多くの人が認識していますが、全く副作用がないかというとそうではありません。

特に子供に漢方薬を服用させる場合は、副作用だけではなく投与量にも注意が必要です。

子供に対する漢方薬の決まった投与量はありませんので、3歳以下であれば大人が服用する量の4分の1、4〜8歳であれば3分の1、9〜12歳であれば2分の1、13〜15歳であれば3分の2、16歳以上は大人と一緒をひとつの目安として服用してください。

それでは、漢方薬にはどのような副作用があるか紹介していきます。



胃腸障害
漢方薬の副作用でよくみられ症状で、胃がもたれたり下痢になることです。
特に胃腸が弱い子供は、医師に相談してから副作用が出にくい漢方薬を処方してもらいます。
また、漢方薬によっては胃腸に副作用が出やすいものと出にくいものがあります。



むくみ
生薬の甘草を多量に服用するとむくみが出ることがあります。
もし、複数の漢方薬を服用する場合は、その中に甘草が含まれていないか確認します。



薬剤アレルギー
あまり多くない副作用ですが、皮膚に麻疹のような発疹ができ漢方薬の服用をやめると消えてなくなります。


その他の副作用
発汗や動悸、肝障害などの副作用が起きることがありますが、子供にはあまり現われる症状ではありません。
そのほか、生薬によっては間質性肺炎という副作用が起きることがありますが、子供で間質性肺炎にかかったという子供は報告されていません。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.