小児・子供の病気(肌トラブル)〜アレルギーと東洋医学(漢方)


小児・子供の病気(肌トラブル)〜アレルギーと東洋医学(漢方)

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アレルギーと東洋医学(漢方)



アレルギーと東洋医学(漢方)



西洋医学(薬物)と東洋医学(漢方)
東洋医学では、人間の体のバランスが崩れることで病気になるという考えがあるので、アレルギーという概念は東洋医学の中では存在しません。

西洋医学ではアレルギーの原因となる物質を排除する方法で治療しますが、東洋医学では体のバランスを整えアレルギー物質を負けない体づくりが治療になっています。



アレルギー体質が増えた理由
最近ではアトピー性皮膚炎の子供が増えているので、部屋をこまめに掃除したり卵などアレルギーの原因となる食べ物を食べないなど、アレルギーの原因となる物質を排除することを重要視している親が多くいます。

もちろん原因物質を排除することはとても有効ですが、それらすべてを排除することは不可能です。

こどもにアレルギー性の病気が増えた原因として考えれている一つは、昔みたいに外で遊んだり体を動かす機会が減ったこと、カロリーや糖分の多い食生活などバランスの乱れによる虚弱体質の子供が増えたことが関係してるといわれています。



東洋医学で人間は2つのタイプ
漢方の世界では、虚証と実証という2つのタイプの人間に分けて考えられていています。

虚証の人とは、疲れやすく冷え性、胃腸が弱くやせ型あるいは水太りで病気になりやすい。
そのほか無気力であったり、逆に神経質でイライラしている、環境が変わると体調が悪くなる。
例えば、便秘や下痢、不眠症などになります。

実証の人とは、持久力があり暑さ寒さに強く病気とは無縁の人。また、筋肉質で締まった体をしており胃腸が強く、あまり細かなことを気にせず情緒が安定している人です。

このように実証タイプとと虚証タイプに分かれており、生まれつきであったり育った環境にも影響されることがあります。
ただし、はっきりと区別することはできず、その時々によって実証が強くなったり、虚証が強くなることもあります。

どちらも混在するのが普通なのであまり深く考える必要はありません。

もし、アレルギーの子供がいる親であれば、自分の子供は実証タイプになってほしいと思うのが普通です。

では、実証タイプの子供にするには何が一番重要かというと、胃腸を整えることが一番の基本になります。



西洋医学と東洋医学の考え
西洋医学では、アトピーは皮膚の病気で喘息は気管支の病気と考えられていますが、東洋医学では全ての病気の原因は胃腸にあるという考えがあります。

そのため漢方薬で胃腸を整えることで、アトピー性皮膚炎や喘息などアレルギー性の病気を治すことがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア