小児・子供の病気(肌トラブル)〜子供への漢方薬の飲ませ方


小児・子供の病気(肌トラブル)〜子供への漢方薬の飲ませ方

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>漢方薬の飲ませ方



子供への漢方薬の飲ませ方



漢方薬はゼリーで飲ませる
漢方薬は苦味があったりするのがほとんどなので、子供に飲ませるには工夫が必要です。

いちばん簡単なのはフルーツゼリーなどと一緒に飲ませるやり方です。最近では薬と一緒に飲ませるためのゼリーも販売されていますので、なかなか薬を飲めない子供には試してみるといいでしょう。

これから紹介する子供への漢方薬の飲ませ方は生後3か月くらいからできる方法です。

一度に飲ませることは難しいので、3〜4回に分けて少しずつ飲ませていきます。
まずは、やわらかいタイプのゼリーを少しスプーンにとり、その上に漢方薬をのせそのまた上にゼリーをのせます。

漢方薬とゼリーのサンドイッチといった感じです。
そのまま口に運びツルっと飲みこませます。

そのほかにも、ゼリーの代わりにヨーグルトやプリンなどを使っても大丈夫です。

離乳食を食べれるようになれば、シチューなど味の濃いものに混ぜることができますが、ゆっくり食べさせていると苦味が出てきますので、漢方薬が溶けださないうちに素早く食べさせるようにします。



大切さを教える
しかし、子供よってはどうしても飲み込めなかったり、吐いたりすることがあるので無理に飲ませることしないようにします。

言葉がわかる年齢であれば、漢方薬を飲む大切さを教えることが大切です。

例えば「この漢方薬はかゆいのがなくなるよ」「一緒に頑張ろうね」など、子どもと一緒に漢方薬を飲むのも一つの方法です。

このとき大切なのは、一度の全部飲ませようとしたり、きつく叱らないように気をつけます。

少しでも飲めたときには、大げさなくらい褒めてあげると子供もうれしくなって頑張って漢方薬を飲もうと努力するものです。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア