小児・子供の病気(肌トラブル)〜神経質な子供の漢方薬


小児・子供の病気(肌トラブル)〜神経質な子供の漢方薬

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>神経質な子供の漢方薬



神経質な子供の漢方薬



神経質な子供の特徴
神経質な子供、いわゆる「疳のむし」がある子供は、小学校に行っても落ち着きがなくすぐに怒ったり、激しく騒いだりすることも珍しくありません。
また、緊張したりストレスを感じると下痢をしたり吐いたり、熱を出すこともあります。

このような子供は虚証タイプに多いとされ、東洋医学では、このような神経質な子供のことを「疳証」といっています。

神経質な子供はアレルギーや胃腸の病気を起こしやすくなっていますので、漢方薬を処方することで情緒が安定し心も体も改善され健康になっていきます。



神経質な子供の漢方薬
抑肝散(よくかんさん)
疳のむしの代表的は体質改善剤ですが、乳幼児から大人まで効果のある漢方薬です。
乳幼児であれば夜泣きが激しかったり、小さな物音に驚いて泣いたり、環境の変化で落ち着きがなくなるなどの症状に使われます。

小学生になっても落ち着きがなかったり、神経質で怒りやすい子供にも使われます。
子供だけではなく大人でも、イライラが治まったり腹痛や頭痛といった症状、アレルギー性の症状まで治まることがあります。

さらに神経の弱っている人には、抑肝散に生薬を増やし効果を高める抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴんぴはんげ)という処方もあります。

甘麦大棗湯(かんぱくたいそうとう)
即効性のある漢方薬で、夜泣きは疳のむしに頓服薬として使われます。
また、甘味があるので子供にも飲ませやすくなっています。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア