小児・子供の病気(肌トラブル)〜食生活の見直し


小児・子供の病気(肌トラブル)〜食生活の見直し

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>食生活の見直し



食生活の見直し



アレルギー体質を防ぐ
昔と違って成人病や肥満が増えたのは、動物性脂肪の摂取量が増えたことが原因といわれています。
しかし、肥満や成人病だけではなくアレルギー体質を増やしたともいわれています。

食べ物から摂取した油脂は、炎症を抑える働きのある物質を作るための必要な成分として使われていますが、油脂の種類によってはアレルギー体質になることもあります。

例えば、脂肪がつきにくく健康的なイメージがあるコーン油や大豆油、サフラワー油、乳製品のバターやマーガリン、牛肉や豚肉の脂肪分などはアレルギー体質の人にはよくないものなのです。

これらに含まれるリノール酸は、体の中で炎症物質を作り出すことがわかっています。

では、どのような油脂がアレルギー体質になりにくいかというと青魚などに含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)などです。

これらはサプリメントとして販売されていますが、油の安定性が悪く効率よく摂取することが難しい成分といわれていますので、新鮮な青魚を食べることが一番です。



子供の食習慣
子供の頃の食生活は、大人になってもほとんど変わることがありません。
つまり、子供の頃の食べていた物が一生の食生活になるということです。

親が嫌いな物は作らなかったり、子供が嫌いだから食事に出さなかったりした物は食べることができなる場合がよくあります。また、料理のレパートリーが少ないと同じようなものばかり食べるので偏った栄養と味覚が作られます。

つい作りなれた物や簡単にできるものを作ってしまいますが、子供のためを思って小さい頃が様々な食べ物を出すように心がけてください。

まずは同じ食材ばかり買っていないか、一般的に知られている体に良いとされる食材は使っているかなど買い物前にチェックしましょう。

料理のレパートリーが少ない場合は、簡単に格安でできる料理を紹介した本などたくさんありますので、ぜひチャレンジしてください。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.