小児・子供の病気(肌トラブル)〜食物アレルギーと食物制限(食物除去)


小児・子供の病気(肌トラブル)〜食物アレルギーと食物制限(食物除去)

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>食物制限(食物除去)



食物アレルギーと食物制限(食物除去)



子供が食物アレルギーと診断され食物制限が必要になると心配になりますが、ほとんどの子供が小学校に入るまでには食物制限は必要なくなってきます。

例えば、卵アレルギーであっても3歳くらいになると食べ過ぎなければ症状が出なくなる子供が多くいます。
そのため食物アレルギーが原因によるアトピー性皮膚炎は、3歳くらいになってくると減少する傾向にあるようです。

しかし、症状がよくなったからといって食物アレルギーの原因となる食べ物を食べ続けていれば症状は改善されにくいものです。



食事制限(食物除去)の方法
食物制限(食物除去)をする場合は、血液検査や皮膚テストと食物日誌から一定期間アレルギーとなる食べ物を食べないようにします。
食物除去期間中は、栄養バランスが崩れないように代わりになる食物を食べるようにします。

乳児の場合は市販のベビーフードはやめ、アレルギーの原因となる食物を避け栄養バランス考えた手作りの離乳食を与えます。
また、幼児の場合は食べたくても食べれないということがストレスになり、症状が悪化することがあるので、ストレスにならないように食事制限を考える必要があります。

ただし、症状が多少悪化しても食べる満足が大きければ少し食べさせた良い場合もあるので、医師と相談しながら食事除去していきましょう。

最近の食物制限療法では、ストレスによって心身の発育障害があっては意味がありませんので、厳しい食事除去はせずに必要最低限の食事制限にをするようになってきています。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.