小児・子供の病気(肌トラブル)〜食生活に東洋医学


小児・子供の病気(肌トラブル)〜食生活に東洋医学

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>食生活に東洋医学



食生活に東洋医学



体を温める食材・冷やす食材
東洋医学では、体を温める食材を温性といい、体を冷やす食べ物を寒性と呼んでおりバランスが崩れないように食生活をするようにすすめられています。

現代の日本では、季節に関係なく一年中季節の野菜を食べることができます。そのため、体を冷やす食生活になり平熱が36度以下になる低体温の人が増え続けています。

東洋医学では「冷えは万病のもと」と考えられており、体が冷えることによって疲れやすくなったり、乾燥肌やかゆみ、精神不安でイライラすることがあるといわれています。

葉野菜は体を冷やし、根野菜は体を温めると一般的にはいわれています。また、白い食べ物は体を冷やし、黒い食べ物は体を温めるといわれています。

体を冷やす食べ物でも加熱することで、冷やす作用を和らげることができます。



体を温める食材〜温性
ショウガ・ネギ・ニラ・なつめ・もち米・黒砂糖・エビ・ほうじ茶など

体を冷やす食材〜寒性
キュウリ・トマト・ナス・レタス・リンゴ・梨・柿・柑橘類・大根・白菜・カニなど

温めも冷やしもしない食材〜平性
米・麦・豆類・イモ類など





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.