小児・子供の病気(発達障害の症状)〜暴力的になる


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜暴力的になる

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>暴力的になる



発達障害の症状〜暴力的になる



暴力的になる
子供は心が満たされないとき、自分の気持ちをうまく伝えれらないなど自分の思い通りにいかないときに、人に八つ当たりしたり乱暴な言葉を吐いて訴えることがあります。
そういう状態になると、親はつい怒ったり叱りつけたりすることになります。

しかし、子供の表面的なことだけを見て対処しても同じことを繰り返すばかりか、ますます子供は反抗的になりエスカレートしていきます。

まずは、なぜ子供が暴力的になるのか考え、子供の気持ちを汲み取ってあげることから始めましょう。



幼児期の注意点
子供はうまく言葉で自分の気持ちを伝えることができないので、暴力をふるったり物にあたったりします。

特に、言葉が遅れていると顕著に現われてきます。
自分の気持ちをうまく伝えれるようになったら、自然と暴力的なことは治まってくるはずです。

しかし、小さいからといって甘やかすことはせずに、やっていいことと悪いことの区別をキチンとわからせるようにします。
つい感情的になりますが、すぐには治らないので根気強く頑張りましょう。



学童期の注意点
小学校低学年では、まだまだ自分の感情をコントロールできないのですぐに手を出したり、暴力的な言葉を平気で吐きますのでそこまで心配する必要はありません。。
しかし、それらの行動が激しくなり動物をいじめたりするようになると問題があります。

子供に自分の考えを押し付けていないか、子供の意見に耳を傾けているか、愛情がたいないのではないか、学校の友達関係に問題はないか暴力的になる原因を探してみましょう。

また、子供と同じ目線に立って真剣に向き合うことで、子供は自分のことを思ってくれていると感じ暴力的な行動が減っていき気持ちが落ち着いてくるでしょう。



子供・小児の気になる症状
・小さなことでキレて、動物など弱いものいじめをする
・いつも落ち着きがない
・「死ね」や「殺す」など罵声を浴びせる
・日常的に嘘をつく



疑われる発達障害
行為障害





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.