小児・子供の病気(発達障害の症状)〜気が散る・注意力がない


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜気が散る・注意力がない

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>気が散る・注意力がない



発達障害の症状〜気が散る・注意力がない



気が散る・注意力がない
子供はじっとして授業を受けることは辛いことなので、気が散ったり注意力がなくなることは特別なことではありません。また、忘れ物や落し物をよくする子供もいますが学校生活が普通に送れているのであれば問題はありません。

しかし、同じ年代の子供と比べると明らかに注意力が劣って日常生活に支障が出たり、勉強しても簡単に忘れて問題を解けないなどの症状があれば何か発達障害の可能性が考えれます。



幼児期の注意点
幼稚園や保育園の年長さんになると、先生の話をよく聞ける子と周りが気になって集中して先生の話を聞けない子供がいます。
良い方向に考え、「いろんなことに興味があっていいことだ」という風に悪く考えないようにします。

どうしても注意力がなくなるようであれば、「あとちょっとだから頑張ろうね」など励ます言葉をかけて集中力が持続するようにしましょう。

また、頑張ることができたら「すごく頑張ったね」など大げさなくらい褒めてあげましょう。そうすると達成感の喜びを覚え集中力が増してきます。



学童期の注意点
学校の勉強では、よくできる科目とできない科目があって当然です。
しかし、その学年で簡単できるものが全く理解できない場合は心配になって悩んでしまいますが、まずは児童相談所など専門機関に相談してみましょう。

子供が思い通りの勉強ができないからといって叱るのではなく、できたことを褒めて自信に繋げていきます。
叱ってばかりだと自信なくし、更にできなくなり悪循環に陥ってしまいます。



子供・小児の気になる症状
・言葉が遅くうまく会話ができない
・言っていることが理解できない
・宿題を嫌がる
・いつも落ち着きがない
・動きが鈍くしゃべらない



疑われる発達障害
自閉性障害・注意欠陥多動性障害・学習障害(LD)





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.