小児・子供の病気(発達障害の症状)〜奇妙な言動


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜奇妙な言動

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>奇妙な言動



発達障害の症状〜奇妙な言動



奇妙な言動
子供は突然、訳のわからないことを言いだすことがあるので、親はびっくりして不安になることがあります。
しかし、子供はいろいろな想像をして本当にあったように話をするものです。

そのほかに、落ち込んだり心が傷ついたりすると、何気ないことでも被害者意識が強くなることもあります。
一時的なことなのかしばらくは様子をみます。

もし、いつまでも非現実的なことばかり言い続けたり、現実と想像の区別がなくなったときには何か障害が起きている可能性がありますので、必ず専門機関に相談しましょう。



幼児期の注意点
小さいうちは現実と想像の区別がつかないので、実際にはいない動物を見たとか一緒に遊んだなど、大人から見れば現実離れしたことを言います。

このように想像上の動物や友達と仲良くすることをイマジナリー・コンパニオンといい、ちゃんとした名前があり、姿が見えたり話したりすることができることもあります。

成長すると自然となくなっていきますので、神経質になって否定したり怒ったりせず一緒に遊ぶくらいのゆとりを持ちましょう。



学童期の注意点
小学生になれば現実と想像は別なものとわかってきますが、自分の願望をあたかも現実にあるように言うことがあります。
友達の気を引きたかったり、仲良くなるために持っていない物を持っていると言ったり、有名人と仲良しと言うことがあります。

願望が強すぎて現実と想像が一緒になっていると考えれらますので、怒ったりせずになぜそんなことを言うのか、不安があるのか、さびいしいから言うのか子供の気持ちを考えるようにしてください。



子供・小児の気になる症状
・幻覚や幻聴がある
・訳のわからことを言う
・現実と想像の区別がつかない
・いらだちや焦りがある
・気持の高ぶりが長く続いている



疑われる発達障害
統合失調症・妄想性障害





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.