小児・子供の病気(発達障害の症状)〜人見知り・不安が強い


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜人見知り・不安が強い

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>人見知り・不安が強い



発達障害の症状〜人見知り・不安が強い



人見知り・不安が強い
人見知りには個人差があり、生まれつきおおらかで誰にでもなついてしまう子供や、神経質で初めて会う人にはなつかない子供もいます。
人見知りは、親と他人の区別がつくようになったことなので問題なく成長している証拠なのであまり心配する必要はありません。

しかし、あまりにも人見知りが激しくお母さんと離れることができずに幼稚園や学校に行くことができない、いつも不安がっている場合は発達障害の可能性が考えられます。



幼児期の注意点
幼稚園や保育園に送っていくと、そばから離れようとしなかったり、激しく泣き出すこともあります。
子供にとって幼稚園や保育園は自分の知らない世界なので、怖くて不安になったりするので母親のそばから離れないのは当たり前のことなのですが、しばらく通っても全く離れることができなかったり、常に母親を探し回っていることが続くような場合は、何か問題がありますので理由を考えます。



学童期の注意点
大人にしてみれば小さなことでも、子供にとっては生死にかかわる大問題になっていることもあります。
しかし、何の問題もないのに大きな不安があり日常生活をまともに過ごせないようであれば児童相談所など専門機関に相談してみましょう。

神経質な子供であれば、少しのことでも心配するので、子供の話をよく聞いて不安を少しでも解消してあげます。
話を聞くことで親が味方になっていると思うので、多少のことでは動じなくなります。



子供・小児の気なる症状
・落ち着きがなくイライラしている
・疲れやすく眠れない
・こだわりが強い
・喜怒哀楽が乏しい



疑われる発達障害
分離不安障害・自閉性障害・全般性不安障害・適応障害・PTSD





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.