小児・子供の病気(発達障害の症状)〜体調が悪くても体に異常がない


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜体調が悪くても異常がない

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>体の異常がない



発達障害の症状〜体の異常がない



寝つき・寝起きが悪い
子供の睡眠時間には個人差がありますが、なかなか寝付くことができなかったり、夜中に何度も目が覚める、昼間はよく寝ている場合は気をつける必要があります。

夜中まで起きていたり、昼間たくさん遊んで疲れて1日寝ているなど一時的なことであれば何も問題ありませんが、このような状態が続いて日常生活に支障があると何か問題を抱えていることがあります。

昼間はしっかり起きて夜きちんと寝ているか確認する必要があります。もし、生活のリズムが狂っていると睡眠のリズムも乱れてきます。



幼児期の注意点
子供は、昼間の興奮や不安、緊張などから夜中に急に起き上がって泣いたり騒いだりすることがあります。また、寝ぼけて歩きまわることがあります。
この場合は、無理に寝せようとはせずに静かに見守ります。



学童期の注意点
小学校低学年では不安があったりすると寝つきが悪くなりますが、高学年では夜更かしなど生活の乱れから眠れなくなったり、昼間も寝ている状態になります。

また、親が夜働いていることが子供も夜型の生活になって昼と夜が逆転するケースもあります。

家族全員で夜は早めに寝て、朝は同じ時間に起きるように習慣つけるよう心がけていきます。



子供・小児の気になる症状
・1日中眠たがっている
・昼と夜が逆転している
・疲れやすく、集中力がない
・気分の浮き沈みが激しい
・頭痛や腹痛、吐き気、動悸などがある



疑われる発達障害
睡眠障害・分離不安障害・適応障害・気分障害・摂食障害





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.