小児・子供の病気(発達障害の症状)〜すぐにキレる


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜すぐにキレる

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>すぐにキレる



発達障害の症状〜すぐにキレる



すぐにキレる
子供に限らず大人でも、感情を抑えきれずに怒鳴ったり物にあたったりします。更にエスカーレートすると人に暴力を振るうこともあります。

感情は抑え込むより外に吐き出した方が良いこともたくさんあります。

しかし、どうでもいいような些細なことですぐに怒りだしたり、人に手を出すようであれば何らかの発達障害が潜んでいるかもしれません。



幼児期の注意点
幼児期には、自分の気持ちをうまく伝えることができないないので、自分の思い通りにならないと喚いたり泣いたり、体をバタバタさせます。

小さいころからかんしゃくを起こすばあいは、気持ちが安定してい子供に多く見られるようです。

しかし、大人しくさせるために子供の言う通りにはせず、「ダメなものはダメ」とはっきりわからせることが大切です。



学童期の注意点
小学生ではまだまだ感情表現をうまく表すことができないので、友達の悪口を言ったりいたずらをすることがあります。
しかし、成長するにしたがって落ち着いて感情的になることは少なくなってきます。

子供が感情的になって騒いでも、親が感情的になっては元も子もありませんので、まずは親が落ち着いてきちんと言い聞かせるようにします。
また、悪いところばかり見るのではなく、良いところを見て少しでも成長したら褒めるように心がけてください。

もし、怒りやすく攻撃的であれば心の病になっていることもありますので、なぜキレやすいのか原因を知る必要があります。
一人で悩まずに児童相談所など専門機関に相談しましょう。



子供・小児の気になる症状
・「バカ」「死ね」など暴言を吐く
・落ち着きがなく常にイライラしている
・後先考えずに行動する
・動物を虐待する
・人の物を盗む
・ケンカばかりする



疑われる発達障害
注意欠陥多動性障害(ADHD)・行為障害





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.