小児・子供の病気(発達障害の症状)〜過食と拒食


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜過食と拒食

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>過食と拒食



発達障害の症状〜過食と拒食



過食と拒食
気分が落ち込んだり体の調子が悪いと食欲はなくなってきますが、体調も悪くないのに急に食べなくなったり、長い期間食べる量が減っていたら注意する必要があります。

最近では、小学生でも「太っている」などと気にしてダイエットをする子供が増えています。
その原因として、自分を低く評価していたり大人になる不安、家庭でのトラブルなどがあるといわれています。

そのまま放置していると、命にかかわるほど重症になることもあるので、急に痩せたり食べ方がおかしいときには児童相談所などの専門機関に相談しましょう。

思春期なると他人の目が気になってくるので、ちょっとしたきっかけが過激なダイエットに走ることもあります。



学童期の注意点
意味もなく食欲がなくなり体重が減って痩せたら、小児科や内科で診察を受け身体に病気がないか調べてもらいましょう。
異常がなければ、ストレスや不安、緊張などの精神的ダメージが食欲をなくしていることが考えられますので、日常生活で変わったことがないか子供の様子を観察します。

あまり食べないと、つい「ちゃんと食べなさい」と言ってしまいますが、これは反対に食べれなくなることになるので、まずは子供の不安や緊張をほぐすことから始めましょう。

また、子供が食欲がなくなる原因に自閉性障害や統合失調症などがあります。



子供・小児の気になる症状
・偏食や日頃食べないものを食べる
・興奮状態が続いたり妄想がある
・肌荒れやむくみがある
・やる気や集中力がない
・なかなか眠れない
・脈拍がゆっくり
・朝方に寒気がする



疑われる発達障害
摂食障害・気分障害・統合失調症・自閉性障害





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.