小児・子供の病気(発達障害の症状)〜落ち着きがない


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜落ち着きがない

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>落ち着きがない



発達障害の症状〜落ち着きがない



落ち着きがない
子供は本来、一時もじっとしていることができずに騒いだり走り回ったりするものです。
小学校に入学しても落ち着きのない子供もいますが、次第に落ち着いてくるものです。

しかし、いつまでたっても落ち着きがなく、友達や先生の言うことを無視して騒いだり走り回っている場合には発達障害の可能性があります。

よく親のしつけが悪くて騒いだりする子供もいますが、すべてが親の責任とはいえず医学的な治療が必要な場合もありますので、おかしいと思ったら専門機関に相談しましょう。



幼児期の注意点
小さい幼児期には、落ち着きがなく言うことも聞かずに走り回ることは普通ですが、どこに行っても落ち着きがなく走り回ったり、おもちゃで遊んでいてもすぐに飽きてしまい次から次とおもちゃを代えて遊んだりする場合は注意してください。

また、ちょっとしたことで怒りだす場合などは、親も感情的になって怒ってしまいますが子供の様子を注意深く観察してください。



学童期の注意点
小学校でも落ち着きがなかったり、注意力がなく周りをキョロキョロしたりする子供もいるため、異常なのか正常なのか判断は難しいものです。

しかし、明らかに周りの子供も違ったり、うまくコミュニケーションができない場合は専門機関に相談したり、精神療法や薬物療法で改善する方法があります。

まずは、家庭環境に問題がないか確認することが大切です。



子供・小児の気になる症状
・おしゃべりを見境なくする
・指示どおりにできなかったり、最後までやり遂げられない
・計画的に物事が進められない
・大切なものをすぐになくす
・人の会話やゲームの邪魔をする



疑われる発達障害
自閉性障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)・知的障害(精神遅延)





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.