小児・子供の病気(発達障害の症状)〜しゃべり方がおかしい


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜しゃべり方がおかしい

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>しゃべり方がおかしい



小児・子供のしゃべり方がおかしい



しゃべり方がおかしい
子供は心が成長していけは言葉も一緒に成長していくので、言葉と心はとても密接な関係にあります。
心が成長し言葉を少しずつしゃべれるようになれば、いろいな言葉を覚えて意思表示ができるようになります。
ほとんどの子供が幼稚園に入園する頃には、自分の考えを言葉である程度伝えることができるようになります。

子供の言葉の発達には個人差がありますので、周りの子供より少し言葉が遅いというくらいで神経質になって心配する必要はありません。

もし、口数が極端に少なかったり、しゃべり方が変な場合は発達するうえで何か問題を抱えていることも考えられます。



幼児期の注意点
一般的には1歳くらいになると「ワンワン」「マンマ」など意味のある一つの言葉をしゃべるようになり、2歳くらいでは「ママ・キレイ」「マンマ・オイシイ」など2つの言葉をしゃべるようになります。
3歳くらいになれば、かなり長い言葉をしゃべるようになってきます。

多少しゃべり方が遅れていても、言葉の意味がわかっていればそれほど心配する必要はありません。

しかし、言葉の使い方がおかしかったり、目を合わせない、話しかけた言葉をおうむ返しにしゃべるなどあったら発達障害が考えれらます。
そのほかにも、最初の言葉がスムーズにでなかったり、どもってなかなかうまくしゃべれないことがあります。



学童期の注意点
家では普通にしゃべることができ、話す能力も問題ないのに人前や学校に行くと話せなくなることがあります。

普通は怒ったり落ち込んだときなどは誰もが話さなくなるものですが、何の理由もないのにずっとしゃべらなくなります。



子供・小児の気なる症状
・母親に甘えなかったり抱っこされることを嫌がる
・名前を呼んでも反応せず、ひとり遊びばかりする
・言葉をなかなか覚えず、手や服を引っ張って意思表示をする



疑われる発達障害
自閉性障害・知的障害(精神遅滞)・場面緘黙





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.