小児・子供の病気(発達障害の症状)〜ひとつのことに執着する


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜ひとつのことに執着する

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>ひとつのことに執着する



発達障害の症状〜ひとつのことに執着する



ひとつのことに執着する
子供に限らず大人でも一つのことに執着することは珍しいことではありません。
特に子供の場合はこだわりが強く、大人が見ればどうでもいいようなことに執着したり、突拍子もない行動をすることもあります。

もし、それらの行動で子供が安心できるのであれば、まずは見守りましょう。

ただし、その執着が異常なほど強かったり、行動が日常生活に支障をきたすようならば何らかの発達障害の可能性が考えられます。



幼児期の注意点
よくぬいぐるみや洋服など執着して、寝るときやどこに行く時でも一緒に持って行くことがありますが、子供の気持ちを尊重して無理に離さないようにします。

また、同じ本ばかり見たがったり、新しいおもちゃを買っても同じおもちゃでしか遊ばないこともありますが、幼児期には当たり前のことなのであまり心配する必要はありません。

ただし、同じおもちゃで同じ遊びであったり、少しでも違っていると異常な行動を起こす場合は児童相談所など専門機関に相談しましょう。



学童期の注意点
几帳面であったり潔癖症の子供は、繰り返し掃除したり手を洗ったり、物はきちんと揃え直すことがありますが、しばらく繰り返して次の行動に移れば問題ありません。
しかし、それらのことが気になっていつまでも繰り返して止められない場合は、専門機関に相談します。

ちょっとしたことで治ることがあります。



子供・小児の気なる症状
・言葉の発達が遅れていたり、同じことばかり聞いてくる
・いつもと違う道順や時間だとパニックになる
・幻聴がある
・食べる量が少なかったり、食べ過ぎては吐く



疑われる発達障害
自閉性障害・強迫性障害・摂食障害・統合失調症





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.