小児・子供の病気(発達障害の症状)〜幼稚園・保育園・学校を嫌がる


小児・子供の病気(発達障害の症状)〜幼稚園・保育園・学校を嫌がる

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>幼稚園・学校を嫌がる



発達障害の症状〜幼稚園・学校を嫌がる



幼稚園・学校を嫌がる
初めて幼稚園や学校に行く場合は、今までと環境が変わるので、幼稚園や学校を嫌がること珍しいことではありません。
しかし、これまで普通に幼稚園や学校に行っていたのに急に行けなくなることがあります。

決して怠けていたり病気が原因ではなく、「学校に行かなくては」という気持ちと、学校で不安なことがあるなど心の葛藤が身体にあらわれてどうしても学校に行けなくなるのです。

無理やり幼稚園や学校に行かせるのではなく、まずは子供の気持ちを考えてあげましょう。また、子供の気持ちがほぐれるように専門機関などに相談し一緒に解決する方法を探していきます。



幼児期の注意点
幼稚園や保育園に行くと、お母さんがいなくなる不安から登園できなくなることはよくあります。

こどもが不安がって登園を嫌がる場合は、一緒にいる時間を増やし安心感を与えましょう。
安心でき不安がなくなると元気に登園できるようになります。

しかし、どうしても嫌がる場合は子供の希望を聞いて、他に交流ができる場を見つけてみましょう。



学童期の注意点
高学年になるほど友達関係や成績が落ちて悩み不登校になる子供は増えてきます。
しかし、親は学校に行って欲しいので「ちゃんと学校に行きなさい」「明日は必ず学校に行くように」などとプレッシャーを与えてしまいます。

そのため体調が悪くなったり、余計に不登校になることもあります。

まずは学校に行かないことを責めるのではなく、「学校だけがすべてではない」とおおらかに構えて子供の気持ちを落ち着かせましょう。

もし、家から全く出なくなったり身だしなみを気にしない、妄想がある場合には心の病気があるかもしれないので児童精神科や児童相談所などに相談しましょう。



子供・小児の気になる症状
・落ち着きがなくイライラしている
・親や兄弟に乱暴が絶えない
・やる気がない
・話がかみ合わない



疑われる発達障害
分離不安障害・統合失調症・気分障害





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.