小児・子供の病気(発達障害の種類)〜◆広汎性発達障害◆アスペルガー障害の対応と治療


小児・子供の病気(発達障害の種類)〜◆広汎性発達障害◆アスペルガー障害の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>アスペルガー障害の対応と治療



広汎性発達障害〜アスペルガー障害の対応と治療



アスペルガー障害の対応
アスペルガー障害の子供は周りの子供と比べても、言葉や知能に遅れがないため親も障害と気付かないことが多くあります。
しかし、子供は理由もわからずに仲間外れにされたり、よく叱られるので悲しみや苦しさを感じています。
まずは親が子供の苦しみを理解し、一緒に解決していくことを心がけてください。

子供との会話がかみ合わなかったり、友達と楽しく遊べないときなどは、どのようにすればいいのか話がかみ合うのか、どうしたらみんなと楽しく遊べるのか具体的におしえていきます。

よく注意するお母さんがいますが、注意するよりも一つずつよくなる方法をわかりやすく伝えていきます。

友達と会ったら一方的にしゃべるのではなく、まずは「おはよう」「こんにちは」など挨拶から始めるとか、友達の言っていることにうなずいたり、「すごい」「そうなんだ」など友達に合わせることを教えていきます。

また、「ありがとう」「ごめんなさい」など、どんな気持のときに、どういう場面で使えばいいのかも具体的に教えていきます。



アスペルガー障害の治療
アスペルガー障害の治療は基本的に療育で、子供に合った環境を整え能力を引き出し社会に対応できるようにしていくものです。

例えば、いつもの手順やスケジュールが変わるとパニックを起こしことがあるので、まずは1日のスケジュールを作り、10時には勉強、12時にはお昼ごはん、4時には買い物など具体的でわかりやすい表を見やすいように壁などに貼ります。

1度作ったスケジュールが変わる場合も、前もって具体的に説明しておくことが大切です。



社会生活に適応
アスペルガー障害は知能の遅れがないので、適切な対応をしていけば大学や就職も問題なくできるようになります。
また、自分の好きなもにはすごい集中力を発揮しますので、芸術や研究などの分野では才能を開花させることもあります。

まずは子供のうちから社会に適応できるように治療していくことが大切です。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.