小児・子供の病気(発達障害の種類)〜知的障害(精神遅滞)の症状と治療


小児・子供の病気(発達障害の種類)〜知的障害(精神遅滞)の症状と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>知的障害(精神遅滞)の症状と治療



知的障害(精神遅滞)の症状と治療



知的障害(精神遅滞)の原因
染色体異常や遺伝子異常、代謝異常、感染症など様々な病気や外傷が原因になっていることがありますが、まったく原因のわからないこともおおくあります。

IQによって精神遅滞の程度は判断され、軽度遅滞はIQ50〜70、中度等遅滞はIQ35〜49、重度遅滞はIQ20〜34です。
また、精神遅滞の発症率は2〜3%といわれています。



知的障害(精神遅滞)の症状
自分の気持ちを伝えることができなかったり、授業について行けないことがあります。また、家庭生活では身の回りのことをするのに時間がかかったりします。
そのほかに不器用であったり、表現力が乏しいことがあります。

精神遅滞は18歳までに発症し、3歳児検診では中等度遅滞から重度遅滞であれば診断でほとんどわかります。



知的障害(精神遅滞)の対応と治療
勉強ができなかったり動作が鈍いと、つい怒ったり無理強いをさせることがありますが、この行為は子供にストレスを与え自信をなくすことになります。

まずは怒ったり叱ったりすることを止め、子供のレベルに合わせて課題を与えたり、目標を設定してクリアできるようにサポートしてしていきます。

少しでもできたら褒めることを忘れないでください。
褒めることで自信につながり成長することができます。

基本的な治療は、親や専門機関と協力し自立できるように療育が行われます。

そのほか病気や合併症に原因があればその病気に合わせた治療が行われ、てんかんなどの2次的症状に対しては、抗精神病薬や抗うつ薬、抗不安薬、中枢神経刺激薬などが使われることがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.