小児・子供の病気(発達障害の種類)〜注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状と原因


小児・子供の病気(発達障害の種類)〜注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状と原因



注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状と原因



注意欠陥多動性障害(ADHD)の原因
注意欠陥多動性障害(ADHD)は、7歳までに発症するのが一般的で女の子の比べ男の子が多く発症しています。

落ち着きがないので、よく親のしつけ悪いと思われがちですが、ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質などがうまく働かない脳の機能障害と考えられています。

注意欠陥多動性障害(ADHD)は、3つのタイプに分けることができます。

多動性・衝動性優勢型〜不注意が少なく多動性、衝動性がみられる
不注意優勢型〜多動性や衝動性は少なく不注意がある
混合型〜どちらの症状もみられる



注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状
落ち着きがない
注意欠陥多動性障害(ADHD)はハイハイができるようになってから症状が現れることがあります。
四つん這いではなく、肘を使ってめまぐるしく這いずりまわります。また、歩けるようになると止めても言うことを聞かず、壁やテーブルなどいろんなものぶつかったり、よく転んだりするようになります。

幼稚園や小学校低学年では、落ち着きがなく常に動きまわっています。特に慣れない場所や刺激のある場所では動き回って迷子になるなることも少なくありません。

注意力がなく衝動的な行動をする
自分の行動をコントロールすることができないので、急に走りまわったリ、突然飛び出したりするのでケガをしたり危険な場面に出くわすこともたくさんあります。
また、バランス感覚が鈍い子もいるので転んだり何かから落ちることもあるので生傷がてることがありません。

話が苦手・学力の遅れ
自分が言いたいことだけを話したり、相手の話を聞かない、すぐに違う話をするなど一方的に話すことが多く、相手は何が言いたいのかわからないことがあります。
自分の気持ちが伝わらず、仲間外れにされることもあります。
また、注意欠陥多動性障害は学習障害を合併することが多いので、言語能力や集中力などが低くクラスのみんなより勉強が遅れることがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.