小児・子供の病気(発達障害の種類)〜注意欠陥多動性障害(ADHD)の対応と治療


小児・子供の病気(発達障害の種類)〜注意欠陥多動性障害(ADHD)の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>注意欠陥多動性障害(ADHD)の対応と治療



注意欠陥多動性障害(ADHD)の対応と治療



注意欠陥多動性障害(ADHD)の対応
子供が落ち着きがなく走り回ったり、転んだり、急に道路に飛び出したりして危険な目に合うことも珍しくありません。また、友達のおもちゃを取り上げり暴力を振るったりと親はいつも叱ったり、謝ったりして疲れはてます。

しかし、子供が悪いのではなく、親のしつけが悪いわけでもありません。
まずは、子供が落ち着きがなく動き回っていても怒ったりせずに、友達とのコミュニケーションや危険な目に合わないように根気強く学ばせることです。

例えば、「3分間だけ静かにする」とか、「おもちゃを元の場所に直す」など簡単な約束ごとを決めて、できたら褒めて少しずつ難しいことができるようにしていきます。

また学ばせる場合も、クドクド長く言わずに簡単に具体的にわかりやすく伝えることが大切です。

そのほか、集中力が低く学習面でも遅れることがあるので、家庭では集中力を鍛えるために部屋の片づけや電気の点けっぱなし、使ったものは元の場所に戻すなど習慣づけていきます。

簡単なことですが、できたら必ず褒めるようにして子供にできたときの喜びを与えることが大切です。



注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療
注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療には、うつ病は睡眠障害の治療に使われ軽い覚醒作用があるメチルフェニデートが使われます。

このメチルフェニデートは脳の機能を正常化し多動や不注意を改善する働きがあり、服用した子供の約6割以上に効果があることが報告されています。

しかし、幻覚や妄想などの症状が出ることがあるので小学校に入る前の子供が服用することは原則できず、大体6歳から12歳までが対象になります。

ただし、注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療として認可されていないので、保険適用外になります。

薬物療法だけでは治療できませんので、家庭と医療機関、教育機関が連携して子供を良い方向に改善することが大切です。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.