小児・子供の病気(発達障害の種類)〜学習障害(LD)の症状と原因


小児・子供の病気(発達障害の種類)〜学習障害(LD)の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>学習障害(LD)の症状と原因



学習障害(LD)の症状と原因



学習障害(LD)の原因
学習障害(LD)の原因は、脳の部分的な発達の遅れや神経細胞のの機能不全、妊娠中や出産トラブル、遺伝的要因などが考えられています。

学習障害のほとんどは小学校に入ってからわかる場合が多く、アメリカでは約3〜5%の子供が学習障害になっているようです。



学習障害(LD)の症状
学習能力が低い
読んだり書いたり、計算することなど特定の学習能力がとても低くいのが特徴です。
国語であれば、正確に読んだり字を書くことができないなど文字の形が区別できなかったり、行を飛ばしても気がつかない、読めても意味がわからないなどがあります。
算数であれば、簡単な足し算や引き算ができない、九九を覚えられない、図形の区別ができないなどがあります。

ただし、すべの学科で劣るのではなく特定のことだけが著しく他の子供より低下しています。

不器用・運動が苦手
両手や両足、手と足を一緒に動かす協調運動ができなかったり、や自分の体の左右がわからないことあります。
例えば、縄跳びやドッジボール、サッカーなど団体競技などが苦手な場合があります。

コミュニケーションが苦手
相手の言っている意味がわからなかったり、うまく言葉で相手に伝えることができないことがあります。
また、相手の表情が読みとれないのでその場を雰囲気を壊したりします。
そのため、対人関係でトラブルを起こしたり、集団行動に馴染めず疎外されることもあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.