小児・子供の病気(発達障害の種類)〜学習障害(LD)の対応と治療


小児・子供の病気(発達障害の種類)〜学習障害(LD)の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>学習障害(LD)の対応と治療



学習障害(LD)の対応と治療



学習障害(LD)の対応
勉強ができないとつい怒って「勉強しなさい」と毎日のように言いますが、子供は好きで勉強ができないのではないので、できないことを責めるのではなく努力していることやできたことを褒めるようにします。

子供は叱られるより褒められる方が自信がついて成長することができます。
また、兄弟や友達と比べることもよくありません。子供は比べられることで自信をなくし劣等感が強くなります。

運動にしても、うまくできないことを無理にできるようにするよりも、一緒に楽しみながら体を動かすことをします。

重要なことは子供を縛りつけるのではなく、のびのびと生活できる環境で育て、社会で自立できるようにサポートすることです。
決して成績やテストの点数だけにとらわれことのないようにします。



学校嫌い
人とのコミュニケーションが苦手なので、人間関係がうまくできず学校が嫌いなることもあります。
そのため、人との付き合い方を家庭で練習して人間関係を円滑にできるようにします。
気持ちをうまく伝えられないときには、どのように言えばいいのか補う言葉を教えます。また、親がたくさんの人と楽しく話していることも子供には良い勉強になります。



学習障害(LD)の治療
学習障害(LD)の治療は、まずどのような問題が子供にあるのか言語性検査や動作性検査、心理検査を行います。

検査の結果や学校での学習能力や運動能力の観察、助言などによって子供の不得意な分野を補い、得意な分野をのばすように指導していきます。

また、発音や聞き取りに障害がある場合は、専門家の言語聴覚士などが指導に当たることもあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.