小児・子供の病気(発達障害の種類)〜◆広汎性発達障害◆自閉性障害の症状と原因


小児・子供の病気(発達障害の種類)〜◆広汎性発達障害◆自閉性障害の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>自閉性障害の症状と原因



広汎性発達障害〜自閉性障害の症状と原因



自閉性障害の原因
自閉性障害は、広汎性発達障害のひとつで1〜2%の発症率があります。また、女の子にくらべると男の子が発症率が高いようです。

以前の自閉性障害は、親の育て方やストレスが原因となって発症すると考えられていましたが。最近では医学的に間違いであることが分かりました。

脳の機能障害や発達の遅れが、自閉性障害特有の目を合わせようとしなかったり、表情が乏しかったりという症状が出るのではないかと言われています。

まだ、すべてが解明されたわけではなく、いくつかの要因が重なり合うことで自閉性障害を発症すると考えられています。



自閉性障害の症状
目を合わせない
赤ちゃんのころから、名前を呼んでもおもちゃであやそうとしても反応がなく目も合わせようとしません。
また、笑ったり泣いたりお母さんの後追いをして甘えるような愛着行動が少ないのも、自閉性障害の特徴の一つです。

感情がコントールできない
自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを考えるのが不得意で、突然怒ったり泣いたりすることがあります。

言葉が他の子供より遅れている
自分から話しかけることが少なく、名前を呼んでも返事をしなかったり、話す内容がかみ合わないことがあります。
3歳くらいになっても言葉を覚えられなかったり、うまく使えず一方的にしゃべります。

同じ行動ばかりする
特定の物や動きにこだわりがあり、おもちゃの置き場所や、いつも通っている道が違うとパニックなったりします。
また、遊びの種類も少なく積み木など応用が必要な遊びは苦手です。
そのほか、同じ動作をするのも自閉性障害の特徴で、ピョンピョン飛び跳ねたり、くるくる回り続けることがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.